• 【返品種別B】
    □「返品種別」について詳しく□
    2017年12月 発売


    ※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
    【商品紹介】
    カトーの完成品Nゲージ車両、14系 急行「能登」(JR仕様) 8両セットです。

  • 平成5年(1993)の客車急行「能登」末期の姿がプロトタイプ。全車両ともHゴムグレー、客ドア帯無、JRマーク有りの姿で製品化
  • 車内の椅子は座席車が青色、寝台車はアイボリーで再現
  • 変換式愛称表示はセットは「急行」「急行(ローマ字あり)」「団体」を用意
  • 号車表示印刷済。側面行先表示は座席車は「金沢」、寝台車は「急行 能登 金沢」を印刷済。また、座席車は種別/愛称サボも印刷済。行先表示、サボ類のシールが付属
  • 側面行先表示「上野」「輪島」「青森」「急行 能登 上野」「急行 能登 輪島(金沢経由)」「臨時」「団体」 愛称表示「急行」「八甲田」 号車サボ「1」~「8」
  • スハネフ14、スハフ14の車掌室側がアーノルドカプラーで、その他は全てボディマウント密自連形のカプラーでリアルな車間を演出
  • オハフ15は前面幌装着済
  • 緩急車はテールライト及びバックサイン点灯、消灯スイッチ付(※セットの1号車スハフ14、8号車スハネフ14はスイッチ無し)


  • 【セット内容】
    スハフ14 39
    オハ14 196
    オハ14 95
    オハ14 195
    オハフ15 41
    オハネ14 102
    オハネ14 101
    スハネフ14 39

    【実車紹介】
    急行「能登」は昭和34年(1959)に東京~金沢間(東海道線経由)で運行を開始し、昭和57年(1982)に信越本線経由になる際に14系客車での運転が始まりました。
    EF62が牽引機として先頭に立ち、碓氷峠の上り線ではEF63 2両と共に迫力の機関車3重連での粘着運転が見られました。
    また、七尾線輪島駅まで乗り入れていた頃はDE10が編成の先頭に立ち活躍する姿も見られました。
    【商品仕様】
  • スケール:Nゲージ
  • 商品形態:塗装済完成品
  • 車体の材質:プラスティック
  • モーター:なし
  • ライト:緩急車はテールライト及びバックサイン点灯

  • 【新製品・予約商品】オススメ商品!
    カトー (Nゲージ) 10-1447 E001形 TRAIN SUITE 四季島 (10両セット)詳しく
    トミックス (Nゲージ) 98259 JR223-5000系 5000系近郊電車 (マリンライナー) セットA (5両)詳しく
    トミックス (Nゲージ) 98260 JR223-5000系 5000系近郊電車 (マリンライナー) セットB (5両)詳しく
    カトー (Nゲージ) 7010-2 DD54 中期形詳しく
    カトー (Nゲージ) 7010-4 DD54 初期形詳しく
    トミックス (Nゲージ) 98978 JR 583系電車 (ありがとう583系) 6両セット【限定品】詳しく




    (※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)

[鉄道模型]カトー (Nゲージ) 8両セット 急行「能登」(JR仕様) 14系 10-1438-客車

他のソーシャルブックマーク:  hatena hatena  livedoor livedoor  Buzzurl buzzurl  yahoo
ディスカッション  

[鉄道模型]カトー (Nゲージ) 8両セット 急行「能登」(JR仕様) 14系 10-1438-客車

他のソーシャルブックマーク:  hatena hatena  livedoor livedoor  Buzzurl buzzurl  yahoo
ディスカッション  
他のソーシャルブックマーク:  hatena hatena  livedoor livedoor  Buzzurl buzzurl  yahoo
ディスカッション